九州旅行1日目

10日~12日に2泊3日で九州に旅行へ行ってきました。

今回の旅行は結婚10年目を記念して、新婚旅行で訪れた熊本&阿蘇と、一度行きたいと思っていた長崎への旅行です。

九州旅行の大まかな行程は
・10日 セントレア→長崎&観光→熊本泊
・11日 阿蘇観光→熊本泊(友達夫婦と
・12日 朝友達と→のだめロケ地探訪→福岡→セントレア

とまあ、こんな感じです。
九州内の移動はレンタカーにも乗りました。

以下、旅行の詳細です。画像が多くて重いので注意。




セントレアまでは浜松西ICからの高速直通バスです。朝4時起き5時過ぎ自宅出発だったので、バスの中ではうつらうつらとうたた寝モード。
セントレアにはほぼ時間通りに到着。さっそく荷物を預けて展望デッキへ。
以前遊びに来た時は雨で展望デッキには出られなかったので、今回はじっくりと滑走路や国内線&国際線の搭乗口や飛行機を見てきました。

ちょっと早めに保安検査場を通過して搭乗口へ。一番端っこの搭乗口だったので搭乗口まで約5分の移動でした。

機内では特にすることも無かったので、座席にあったANA発行の冊子を見て時間を潰すことに。そこにあった通販冊子で見つけたのが1/48サイズのANAカラーのガンプラ!!
在庫がわずかとあったのですが、運が良ければ入手できる!と思ったので申し込み専用のハガキをしっかり貰ってきました。

旅行へのドキドキ感を乗せたまま飛行機は九州へ。途中気流の影響で少し揺れましたが、時間に遅れることなく長崎空港へと降りました。

moblog_0489243a.jpg

九州内の移動はレンタカーです。今回はトヨタさんのシエンタにお世話になりました。(シエンタは広くて乗り心地&運転がし易くて良かったよ~)

レンタカーで最初に向かったのは長崎平和公園。

DVC00084.jpg

ここの平和祈念像の大きさにビックリ!雨が降っていたので傘を差していたのですが、傘差してると上まで見えにくいです。
ここにいた観光案内のおっちゃんに旦那と2ショットの写真を撮ってもらったり、市内観光のお奨めを聞いたりしていたのですが、ふと「どこから来たの?」を聞かれたので「静岡の浜松から来た」と言ったら「ウチのかみさんが浜松のS町出身なんだ」と言われて超ビックリ!!長崎に来て地元のネタ?が出るとは思わなかったので、両親への面白お土産話ができたなーと内心思ってました。
そうこうしているうちにバケツをひっくり返したような土砂降りの雨が降り、観光客全員が地下駐車場へと避難。行きたかった浦上天主堂は断念し車で原爆資料館に行きました。

原爆資料館で被害の実態や惨状の写真を見て心が痛くなりました。
世界で唯一原爆の被害に遭っている日本。戦後60年以上経っていますが、この悲惨な出来事を日本人は絶対忘れちゃいけないし、知らなくちゃいけないし、後世に伝えていかなくちゃいけないことだと強く思いました。
またアメリカ人&イギリス人にも見て欲しいですね。60年前の、自国の人間が日本人に対して何をやったのか。加害国である人たちも知るべきです。(同時に日本人も太平洋戦争の発端となった、真珠湾攻撃のことをもっと知らなくちゃいけないです)

資料館を見た後は原爆落下中心地を示す公園へ。

DVC00086.jpg

この近くには当時の地層がそのまま保存されているところがありました。

DVC00301.jpg


お昼ご飯を食べたあとは、旦那が行きたがっていた諫早湾の堤防へ。
これはガイドブックにも載っていないので、カーナビを見てとりあえず海岸線に向かって適当に移動しました。
そしてたどり着いた干拓地。だだっ広い農地では主に麦とキャベツが栽培されていました。
農地の最東端にはちょっとした広場があり、ここに有明海の干拓の歴史干拓事業について、パネルが設置されていました。

中央干拓地の前面堤防から見た干潟
茶色く見えるのは干陸地(かんりくち)と呼ばれる部分です。

DVC00302.jpg

DVC00303.jpg


その後、ボタン1つで「ドドドド~」っと閉まった堤防へ。行ってみて驚いたのがこの潮受堤防の上に道路ができていて、実際に車で走ることができました。(北から南に向かって走ってきましたよ~)
堤防の真ん中あたりには駐車場があり、ちょっとした展望できるスペースがありました。

堤防から干拓地を見る

DVC00305.jpg

DVC00307.jpg

堤防から望む有明海。お魚はピョンピョン跳ねてました。

堤防の南側、雲仙市方面。
DVC00308.jpg

堤防の北側、諫早市方面。
DVC00328.jpg


諫早湾の堤防を堪能した後、島原半島の沿岸に沿って多比良港へ。ここからフェリーで熊本県側まで移動です。
港についたらちょうどフェリーの出航2分前で、料金所の係りの人に乗れるか聞いたら「大丈夫ですよ」とのことだったので、急いでフェリーに乗船。熊本まで40分の船旅でした。

ホテルについてちょこっと休憩したあと、熊本駅まで歩いて行き適当に晩ご飯を食べ、夜はまったり過ごしてきました。

2日目に続く。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
★うなぎパイの街にて生息中★

カレンダー&月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
最新の記事
最新コメント
来てくれた人数
簡易型ハムスターの年齢計算機
簡易型犬の年齢計算機
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク