鋼錬映画を見て来た。



来場者特定の11.5巻は正直諦めていましたが、しっかり貰えましたよ。

17日追記。


作品全体の出来具合は、それなりにいいんじゃないかと思いました。
が、細かい部分を見ていくとどうしても納得できない部分(特にミロスとアメストリス、ミロスとクレタとの関係)があって、その辺の消化がかなり難しそうです。
戦闘シーンはどれも綺麗に描かれていて、見ていて興奮しっぱなしでしたね。
それ以外に気になったのはキャラクターの髪の毛先。アニメじゃあこんな描き方していなかっただけに残念でなりません。
大佐が空気な扱いだったのも、キャラクターのデッサンが狂っていたのも残念だったなぁ…。

コミックス恒例のカバー外した、表紙のイラストは『ミロ星』と某アニメの敵組織の決めポーズをしているエド・アル・ロイ・メルビンでした。これは制作が梵図(←あえて当て字)だからでしょうね。あれは見たとたん噴出しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
★うなぎパイの街にて生息中★

カレンダー&月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
最新の記事
最新コメント
来てくれた人数
簡易型ハムスターの年齢計算機
簡易型犬の年齢計算機
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク