スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K‐バレエカンパニー 浜松公演

20080626183449


妹みにこしゃんのお誘いで、K‐バレエカンパニー全国ツアーの、浜松公演に行ってきました。
演目は有名なチャイコフスキーの『白鳥の湖』です。



席が3階の6列目(下手側)で、前回見たときよりも若干後ろでしたが、舞台全体が見渡せてなかなかいい感じの席だったと思います。

熊川さんはホント、ジャンプが高い!
なんであんなに高く跳べるのかと思うくらいに高く跳ぶんですよね。もう、ただただ感動するばかりです。

オデット役が東野泰子さんという方で、若手ながらもいい踊りを披露してくれました。

群舞のシーンは(円、方形、平行線、曲線のそれぞれの)フォーメーションがとにかく綺麗で圧倒されっぱなしでした。特に第2幕の白鳥の群舞は感動ものでした。

音楽についてですが、これは正直言ってあの演奏は如何なものか?とあえて強調させて頂きます。
というのも、弦(楽器)と管(楽器)の音量バランスが悪かったんです。
最初は席の位置や楽器の配置によるものかと思っていましたが、よくよく聞けばそうではないようで…。
とにかく金管楽器がうるさくてたまらんかったです。


会場はほぼ満席で、熊川さんの人気を改めて実感しました。
また浜松で公演してくれるといいなぁ…。

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
★うなぎパイの街にて生息中★

カレンダー&月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


カテゴリー
最新の記事
最新コメント
来てくれた人数
簡易型ハムスターの年齢計算機
簡易型犬の年齢計算機
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。