辞書
蒼海 彩雲国新刊

2008'12.01 (Mon)

彩雲国新刊

なんだー、あの萌え場面はっ!!!!!


以下微妙なネタバレあり。



more...

彩雲国物語  黒蝶は檻にとらわれる (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる (角川ビーンズ文庫)
(2008/11/29)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る


葵長官、刑部尚書を始めとする中年オヤジキャラに萌え悶えまくった内容でしたよ!

初登場の刑部尚書。某執事漫画に出てくる葬儀屋みたいで大爆笑でした!もし、この辺をTVで放送する予定があるのならば、是非とも刑部尚書役はSWBさんでお願いしたいものです!

葵長官はカッコ良すぎですよ。泣いている(?)女性に胸を貸すなんてなーんてステキなおじさまなんでしょ。
秀麗に対して言葉ではめちゃくちゃなことばかり言ってますが、ちゃんと彼女のことを認めているからこその厳しい言葉なんですよね。彼女もちゃんと彼を認めているから、わかっているから反発しつつも長官の言うことを聞いていますしね。

邵可パパもついに、紅家の人間として生きることを決心したんですね。何だかとても切なくなりました。
切なくなったと言えば劉輝と秀麗の関係。こんな形でくっついては欲しくなかったですよ。2人の立場を考えたら仕方のないことだとしてもやっぱり切ないです。

悠舜さんの過去も明らかになり、少しづつ風呂敷をたたみ始めている感じがしています。が、そうは問屋が卸さない状態になってますねぇ。
続きが楽しみです。
23:50  |   |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |