スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更だけどCD BOOKの感想

先月発売されたの/だ/め/のCD BOOK。
車用と部屋用に2冊購入しました。


のだめカンタービレSelection CD Book のだめカンタービレSelection CD Book
二ノ宮 知子 (2005/08/10)
講談社




まずキャラしおり。1冊目が菊池くん、2冊目が黒木くんでした。
主人公2人のうちどっちかが欲しかった~。くすん…。
チャンスはあと3回、被らないことを祈りつつ。


気を取り直してCDの感想。
むーん…。こんなに中身が詰まってて、1600円はお買い得ですよ。収録曲の解説も凄いし、カラーイラストも充実。すでに重版が決まったとか。の/だ/めパワー恐るべし。

で、曲の感想。全曲でなくて申し訳ないですが…。
『ラフマニノフのピアノ協奏曲』
館野泉さんのピアノは柔らかい。これが、この曲を聞いた第一印象です。「ドイツ国境に近いフランス」のイメージ?とにかくそんな感じです。自分がもってるのはアシュケナージのもので、こっちは「ロシア~」な雰囲気いっぱいで、ちょっと硬いイメージかな?うん、私はどっちの演奏も好きだ。

『モーツァルトのオーボエ協奏曲』
本編ではの/だ/めが「ピンクのモーツァルト」と表現していますが、私はどう聞いても「レモンイエロー」の色しかイメージできない…。まぁ、演奏者によってずいぶんイメージが変わるので、気にしない事に。(あはは)

『海老原大作のロンド・トッカータ』
と・に・か・く・楽譜が欲しい!!難易度かなり高そうですが、弾いてみたいですね。(チェルニー30番かじった程度のレベルで何を言う)
「現代曲」だけど、音の追いかけっこ(?)が結構おもしろく、千/秋との/だ/めが追いかけっこしてる姿が見えました。

このCDを聞いた他の人の感想も、聞いてみたいですね~。
プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
★うなぎパイの街にて生息中★

カレンダー&月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


カテゴリー
最新の記事
最新コメント
来てくれた人数
簡易型ハムスターの年齢計算機
簡易型犬の年齢計算機
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。